〝酪農ヘルパー〟は、
    酪農家をアシストする重要なサポーター。
  
  動物が好き。牛が好き。―――そんな〝好き〟を仕事にしたい。
 
  酪農ヘルパーはあなたの〝好き〟に答えられる仕事です。
 
酪農ヘルパーってどんな仕事?
 平均労働時間
 8.0時間/1日
 その勤務形態をご紹介します。
 酪農ヘルパーの勤務形態は、基本的に夕方の4時から8時まで作業をして、翌日の午前5時から8時30分まで作業を行います。ほとんど午前中の早い時間に仕事が終わり、日中は自分の時間として有効に活用できるのも、この仕事の特徴です。
酪農ヘルパーQ&A
A.1 酪農の作業は、主に朝と夕方なので、日中が自由時間と
   なります。この時間を、自分の趣味や勉強に使ったり、
   家事や休息に充てる人もいます。
A.2 特に必要ありません。ただ、仕事場である牧場への移動
   は車になりますので、普通自動車免許は必須です。また、
   酪農経験、未体験は基本的に問われません。「やる気」と
   「元気」があるといいですね。
Q3. 基本的に全国にある利用組合の職員として採用されます。
   各種保険なども完備されており、安心して仕事に就けます。
Q.1 休みは決まっていますか?
Q.2 特別な資格等が必要ですか?
Q.3 身分はどうなっていますか?
仕事内容
酪農家にて、搾乳、飼料給与、哺育等の
飼養管理全般を1~2名体制で
晩から朝の作業を行います。
 
 
※湧別町農業協同組合の組合員を対象としています。
また、自宅から各酪農家へ直接出勤となります。
 
 
当組合では酪農家の業務について、晩から朝までの作業を代行し、
急な事やリフレッシュする時間の確保を行うサービスを
提供しています。
お問い合わせ
■お問い合わせの際は「個人情報保護方針」をお読みになり、同意のうえお問い合わせください。
■回答に時間がかかる場合があります。お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください。
01586-5-2129
〒099-6414 北海道紋別郡湧別町錦町279‐1
湧別町農業協同組合事務所内 湧別町酪農ヘルパー利用組合
事務局 十河